友達からの誘いを断れません。

2023.11.30

  •  
  • 中学生
  •  
 
友達からの誘いを断れないのですが、どうしたらいいですか?

 

 
友達から誘いを受けても、都合が悪かったりあまり気が進まなかったり、本心では断りたくても、悪く思われないか心配で断れないという経験が誰にでもあるはずです。
 
そんな時のために、相手にネガティブな印象を与えることなく上手に誘いを断る方法「クッション言葉」を覚えておくとよいでしょう。
 
例えば、何かを頼む時には「忙しいところ悪いんだけど」「もし頼めるのなら」という言葉や、誘いを断る時には「誘ってくれてありがとう」「すごく残念だけど」という気持ちを表す言葉を添えることで、用件だけを伝える場合と比べて相手への感謝や思いやりの気持ちが伝わります。
 
これが「クッション言葉」です。そのまま伝えると相手にきつい印象を与えてしまうような時に、前置きとして相手を気づかう言葉を添えることで、相手が受け取る印象をやわらげ、スムーズなコミュニケーションにつながります。
 
 

★『こころの健康サポート部』新聞版(PDF)はこちらから

災害と心のケア_202311

取材・編集
社会応援ネットワーク
監修者プロフィール

岩下宣子 (イワシタ・ノリコ)

現代礼法研究所主宰。全日本作法会、小笠原流でマナーを学び、1985年に現代礼法研究所設立。マナーデザイナーとして、企業、学校、団体などでマナーの指導を行う。書籍・雑誌、テレビ番組の監修などでも幅広く活躍。著書・監修書に『本当の幸せを手に入れるたったひとつのヒント』など。

関連するQ&A

  • 「地震ごっこ」や地震の絵を描いたりする時の対応法は?

    子どもが「地震ごっこ」をしたり、地震の絵を描いたりする時、どう対応すればいいでしょうか。
    監修者
    兵庫教育大学名誉教授
    冨永良喜
  • 子どもが「テレビが怖い」と言ってさけるようになりました。

    テレビのニュース映像で災害の様子を繰り返し見たからか、「テレビが怖い」と言ってさけるようになりました。どうしたらよいのでしょうか?
    監修者
    兵庫教育大学名誉教授
    冨永良喜
  • 地震後、子どもたちの寝つきが悪くなりました。

    地震後、子どもたちの寝つきが悪くなりました。なかなか寝ようとしないのですが、対処法があれば教えてください。
    監修者
    兵庫教育大学名誉教授
    冨永良喜
「こころの健康サポート部」では、
皆様からのお悩みを受け付けています。
お悩み受付はこちら